たった一分で解決!全国150社以上から厳選
▼全国の引越し会社がこの見積りに参加しています!▼
Q1現在のご住所 の郵便番号-郵便番号を調べる

Q2引越し先のご住所 の都道府県

Q3引越しされる人数大人  子供  ヘルプ

簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

引越しをする際、新居先での家具や、住まいにかかるお金など、何かと物入りになります。そのため、引越し費用は少しでも抑えるために、引越し業者から見積もりを取り、比較することが最良といえます。

見積もり依頼には、インターネットを利用した「オンライン見積り」や、引越し見積りサイトを利用した「一括見積」、引越し業者の見積もり担当者に訪問してもらい、荷物料や作業環境を確認してもらう「訪問見積り」があります。仕事などで時間が取れないなどの場合は「オンライン見積り」や「一括見積」を、できるだけ正確な引越し料金を見積もりたい場合は「訪問見積り」など、それぞれにメリット、デメリットがあります。

引越し料金は引越しする時期や曜日、作業内容などにより価格が変動します。見積もりを取る前に「いつ引越しをするのか」を確定させてから見積もりを取りましょう。また、見積もりは1社だけではなく、複数社の見積もりを取り、比較しましょう。ただし、見積もりを取った引越し業者の中から1社だけを選び出すので、見積もりを取った業者に断わりの連絡を入れなければなりません。そのため、見積もりの取り過ぎには注意が必要です。

「見積書」がそのまま「契約書」になる業者もあります。まず、見積もりの書面を受け取ったら、その書面が「見積書」なのか「契約書」なのかを確認しましょう。「契約書」の場合、自身は見積もりを取っただけであっても、契約したことになるため、キャンセルすると「キャンセル料」が発生することがあります。見積書を受け取ったら、作業内容や日程、運賃などの金額、付帯サービス、特記事項などを確認しましょう。また、引越し当日の追加料金の発生有無の可能性や支払い方法の確認も大切です。見積書や契約書の裏面には、通常「引越約款」という、荷主と引越し業者の間で交わされる取り決めについても記載されています。荷物の破損や紛失、キャンセルについても確認しておきましょう。特にオンライン見積りや電話でのみの契約の場合、引越約款の提示が省かれてしまうことがありますので、きちんと説明を受けましょう。

引越しは新居先での家具や住まいにかかるお金がかかります。引越し見積りを上手に利用して、トラブルやストレスの少ない引越しをしましょう。

   
大手引越業者のプランを徹底比較
↑▲↑▲↑▲↑
今すぐクリック!    
AMC